情報商材の作り方と売り方!アダルト系で1,490万円稼いだ方法とは?

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます!
アダルトアフィリエイトの専門家『K』です。

情報商材と聞くと、インフォトップなどで販売されている、他社の情報商材をアフィリエイトするイメージが強いと思います。

しかし、あなた自身が情報商材を作り、販売する方法もあります。
自分で情報商材を作って販売する場合は、売り上げがそのまま利益になるので、アフィリエイトよりも稼ぎやすいです。

私はアダルト系の情報商材を自分で作って販売をして、1,490万円を稼ぎました。
その情報商材ブログは現在も運営しており、毎月安定的に売り上げが発生しています。
情報商材は一度作れば放置で稼ぐこともできるので、かなりおすすめです。

  • 情報商材を自分で作ってみたい!
  • 情報商材の売り方を身に付けたい!
  • 情報商材の販売で稼ぎたい!

そう思っている場合は、記事を読んでみてください。
1,490万円を稼ぐ情報商材の、作り方と売り方をまとめました。

情報商材をヒットさせるには?

記事に信憑性を持たせる為に、まずは僕の実績を紹介させて頂きます。
情報商材ブログ運営初月から、月収93,216円を達成。

情報商材ブログの売り上げ

2019年は自分で作ったアダルト系の情報商材で、1,490万円を稼いでいます。

情報商材ブログの売り上げ

ブログがバレる可能性があるので、内容についてはあまり詳しく説明できませんが、アダルト系の中でも割とニッチなジャンルを攻めました。
ここまで大きな金額を稼げた理由は、次の2つを意識していたからです。

Point
  1. 情報商材の作り方
  2. 情報商材の売り方

作り方とは、どんな内容の情報商材を作るのか?
売り方とは、どんな層に対して情報商材を売るのか?
ということです。
この2つが上手くマッチした時に、情報商材は爆発的に売れることがあります。

例えば、「脚やせダイエット系」の情報商材を作って、販売するとしましょう。
その場合、どんな層に対して情報商材を売るのか、ターゲット層を明確にする必要があります。

読者さん
40代のサラリーマンを、ターゲットにします!

さすがに40代のサラリーマンで、脚やせに興味を持っている人は少ないでしょう。
需要が0とまでは言いませんが、あまり売れるとは思いません。

読者さん
脚の太さに悩んでいる、20〜50代の女性をターゲットにします!

こちらの方が、圧倒的に需要がありそうです。

このように、情報商材の内容と層がバッチリと一致した時に、情報商材販売は大きく稼げる可能性があります。
その為にも、情報商材の作り方と売り方をマスターしましょう。

情報商材の作り方!

まず大前提として、ビジネスの基本は、人の悩みを解決したり、欲求を満たしてあげることです。
例えば、「レストラン」で考えてみましょう。

  • お腹が空いているという悩み
  • 自分で食事を作るのが面倒という悩み
  • 人と楽しい空間で食事がしたいという欲求
  • 美味しい料理が食べたいという欲求

レストランは、こういった悩みを解決し、欲求を満たしてくれます。
情報商材を作る際も、お悩み解決が基本です。

  • 音痴で悩んでいる人に向けて、カラオケが上手くなる為の情報商材。
  • 中々痩せられないで悩んでいる人に向けて、ダイエットが成功できるようになる為の情報商材。
  • アフィリエイトで稼げずに悩んでいる人に向けて、ブログで稼げるノウハウを詰め込んだ情報商材。

このように、悩んでいる人の問題解決をしてあげる為に情報商材を作ってください。
あなたに何か強みがある場合、その強みをノウハウにして販売するのが、一番簡単な方法です。

「ファッションに詳しい!」→「誰でもお洒落になれる洋服の買い方!」
「ナンパの成功率が高い!」→「100発100中のナンパ成功方法!」
このような感じで、情報商材の方針を決めてください。

しかし、人の悩みを解決できる情報商材を作っても、ヒットするとは限りません。
情報商材をヒットさせる為には、次の2点を意識してください。

Point
  1. ライバルのいないジャンルを選ぶ!
  2. それなりの需要のあるジャンルを選ぶ!

ライバルのいないジャンルを選ぶ!

例えば、アフィリエイトで稼ぐ為の情報商材は、巷では溢れかえっています。
今更になって「正しいアフィリエイトの稼ぎ方!」という情報商材を作ったところで、ヒットさせるのは難しいです。

売り方や狙うターゲット次第では、大きく収益を上げることができますが、ライバルの少ないジャンルを選んだ方が、圧倒的に簡単です。

読者さん
ライバルのいないジャンルって言われても、あまりピンと来ないのですが…。

ライバルのいない情報商材を、めちゃくちゃ簡単に作る方法があります。
それが次の2つです。

Point
  1. ジャンルを徹底的に絞り込む
  2. 複数のノウハウを組み合わせる

まず一つ目は、ジャンルを徹底的に絞り込む方法です。
例えば、アフィリエイトで稼ぐ為の情報商材を作りたいならば、これをもっと絞り込んでいきます。

アフィリエイト

サイトアフィリエイト

漫画のサイトアフィリエイト

恋愛漫画のサイトアフィリエイト

アフィリエイトの中にもジャンルがあるので、そのジャンルを小さく絞り込んでいきます。
基本的には大きなジャンルから小さなジャンルへと絞り込む分、ライバルをどんどん減っていきます。

アフィリエイトを扱っている情報商材の数は膨大ですが、恋愛漫画に特化したサイトアフィリエイトの情報商材は恐らくないでしょう。
ちなみにこの考え方は、情報商材を作る時だけでなく、情報商材ブログを運営する際にも言えます。

「副業で稼ぐ系のブログ」よりも「アフィリエイトで稼ぐ系のブログ」の方が、ライバルは少なくなります。
「アフィリエイトで稼ぐ系のブログ」よりも「サイトアフィリエイトで稼ぐ系のブログ」の方が、ライバルは少なくなります。
「サイトアフィリエイトで稼ぐ系のブログ」よりも「漫画のサイトアフィリエイトで稼ぐ系のブログ」の方が、ライバルは少なくなります。

ブログ運営においても、ジャンルを絞れば絞るほどライバルは少なくなるものです。

そして二つ目は、複数のノウハウを組み合わせる方法です。
例えば、「ダイエット」と「ゲーム」という、全く異なる2つのジャンルを組み合わせてみます。

今の時代に辛いダイエットは必要ない!
毎日ゲームを楽しみながら、一週間で2キロも痩せたゲーム式ダイエット!

効率良く痩せる為のダイエットノウハウや、ダイエットをゲーム感覚で楽しみながら、実践していく為のアイデアを詰め込んだ情報商材です。
このように、全く異なる複数のジャンルを組み合わせることで、今までになかった新しい情報商材が誕生します。

初心者がやりがちなのは、何もない状態から完全オリジナルの情報商材を作ろうとすることです。
これはめちゃくちゃハードルが高いです。

しかし、既に存在しているジャンルの情報商材を2つ組み合わせるだけでも、完全オリジナルの情報商材が完成します。
こちらの方が圧倒的にハードルが低いです。

僕も情報商材を新しく作る時には、この方法をよく使います。
どんな情報商材を作れば良いのか迷っている場合には、ぜひ参考にしてみてください。

それなりに需要のあるジャンルを選ぶ!

情報商材を作る場合、ライバルのいないジャンルを選んだ方が良いですが、あまりにもマニアックだったり、ニッチすぎるジャンルを選んでしまった場合、商品を売るのが難しくなります。

例えば、「鯖の缶詰に特化したサイトアフィリエイト!」という情報商材はマニアック過ぎますし、「1年で1キロ痩せる楽々ダイエット!」という情報商材は痩せるのに時間が掛かりすぎです。

ライバルはいないかもしれませんが、需要もほとんどありません。
情報商材を売るターゲット数が少ないので、稼ぐのはかなり難しいでしょう。
マニアックすぎたりニッチすぎるジャンルを選ぶと、後々で情報商材を販売するのが大変です。

ライバルがいないに越したことはありませんが、需要がなければ意味がないので、それなりに需要のあるジャンルを選びましょう。
需要のリサーチ方法に関しては、次の記事でも解説しています。

情報商材ブログ初月で月収93,216円を達成!稼ぎ方を公開します!

広すぎず狭すぎとなると、どんな情報商材を作れば良いのか、迷ってしまうと思います。
上記の方法を使えば、少なからず需要のリサーチに役立つと思うので、ぜひ取り入れてみてください。

情報商材の売り方!

基本的に情報商材は、Web上で販売します。
その為に、情報商材を販売する為のブログを作りましょう。

ブログの作り方と集客方法は、次の記事にまとめてあります。

アダルトサイトの作り方!稼げるブログの作成方法を公開します!

情報商材アフィリエイト(2020年)で稼ぐ方法は?始め方まとめ!

タイトルは「アダルトサイトの作り方」ですが、情報商材ブログも作り方は同じなので、安心してください。

ブログを作成したら、集客するターゲットを明確にする必要があります。
ダイエット系の情報商材であれば、「10代の女子高生」をターゲットにするのか、「20代のOL」をターゲットにするのか、「30代の専業主婦」をターゲットにするのか、ターゲット層によって、商品の売り方が変わります。

「太っていて好きな男子に告白できないあなたに!」
というキャッチフレーズは、10代の女子高生に響いたとしても、30代の専業主婦には響かないでしょう。

「家事が忙しくてダイエットする暇がない!」
というキャッチフレーズは、30代の専業主婦に響いても、10代の女子高生にはまず響きません。

その為、情報商材を販売するターゲットを、決めましょう。
ターゲットは、大きく分けると次の2種類です。

Point
  1. 見込顧客
  2. 潜在顧客

情報商材を売る為の2つのターゲット層とは?

「転売で稼ぐ!」という情報商材を売る場合を例に、「見込顧客」と「潜在顧客」について説明します。

見込顧客とは?

見込顧客とは、一言で言えばその商品に既に興味を持っているユーザーです。
今回の場合であれば、転売に興味を持っており、転売で稼ぎたいと思っているユーザーのことを言います。

キーワードで表すと、「転売 ノウハウ」「転売 稼ぎ方」というキーワードで、アクセスをしてくる人たちです。

見込顧客をターゲットにするメリットは、成約率が高くなりやすいということです。
最初からあなたが売りたい情報商材に、興味を持ってアクセスしてくる人たちなので、その分商品を買ってくれる確率が高くなります。

読者さん
転売に興味があるから、転売ノウハウを調べてみよう!

検索エンジンで上位表示ができれば、月収50〜100万円ぐらいでしたら余裕で達成可能です。
見込顧客をターゲットにするのは、それぐらい威力があります。

デメリットとしては、ライバルが多いことです。
同じように稼ぐ系ブログを作っている人は沢山いるので、そういったライバルたちと比べられてしまいます。
良い内容の情報商材を売っている人がいれば、そちらに顧客が流れていく可能性が高いです。

潜在顧客とは?

潜在顧客とは、一言で言えば、その商品に興味を持っていないユーザーです。
転売に興味を持っていないが、自分に転売が必要だとわかれば、転売の情報商材を購入するユーザーのことを言います。

「モテる方法」などで検索してくる人たちも、潜在顧客の一種です。

モテる方法で検索をしてくる男性は、「異性からモテたい!」と思っている人たちなので、

K
異性からモテるには、お金を沢山稼ぐことです!
お金を沢山稼ぐには、自分のビジネスを持つのが一番!!
手軽に挑戦できるビジネス、それが転売です!!!

このような流れで教育することで、転売に興味を持ち、情報商材を購入してくれる可能性があります。

潜在顧客をターゲットにするメリットは、ライバルが少ないということです。
ビジネスに全く興味のない人たちなので、情報商材を見たこともなければ、転売の存在すら知らない人たちばかりです。

あなたのブログを見て、初めて転売や情報商材の存在を知ります。
他のライバルと比べられる可能性も低いです。
ビジネス経験0のまっさらな状態なので、あなた色にその人たちを教育できます 笑

デメリットとしては、商品を売るハードルがやや高いことです。
ライティング能力次第では、上手く心を揺さぶり、商品購入まで持っていけますが、見込顧客と比べると成約率は低くなります。

「モテる方法を知りたい!」と思っている顧客を、「転売をやりたい!」に変換させなければならないので、初心者にとっては少し難しいかもしれません。

見込顧客と潜在顧客のどちらに売るのがおすすめ?

結論を言えば、どちらでも構いません。
見込顧客でも潜在顧客でも情報商材は売れます。

ただ、先ほども書いた通り、潜在顧客に情報商材を売るのは、ややハードルが高いです。
まずは見込顧客を狙い、ある程度スキルがついてきたら、潜在顧客をターゲットにするのをおすすめします。

最初は一つのブログをコツコツ育てるのがやりやすいです。
「○○系の情報商材を売る!」と決めたら、見込顧客を狙ったキーワード選定をしていき、時折、潜在顧客を狙った記事を書いてみてください。

見込顧客と潜在顧客を狙ったブログは、別々に分けた方が良いです。
先ほどの例の場合は、転売の記事とモテる記事が混合するので、ブログに統一感がなくなります。
統一感のあるブログの方がGoogleからの評価が高くなるので、検索エンジンで上位表示されやすいです。

しかし、最初からブログを複数作るとなると作業量も増えるので、ハードルが上がり、挫折しがちになってしまいます。
慣れないうちは一つのブログに、2種類の記事を混ぜてしまって構いません。
あまり無理にブログを量産せず、一つのブログを集中的に育てていきましょう。

顧客を逃さない為の情報商材の売り方!

見込顧客にしても販売顧客にしても、あなたのブログに訪れてくれた場合のゴールは同じです。
そのゴールとは、情報商材を購入してもらうことです。

読者さんがあなたのブログにアクセスしてくれたのに、ブログを離れてしまったとしましょう。

読者さん
う〜ん…。
このブログから情報商材を買おうか迷うけど、今回はやめておこうかな。

こうなると、あなたのブログから情報商材が売れる可能性は、限りなく低くなります。
後日再びブログにアクセスをして、情報商材の購入まで踏み切ってくれる方もいますが、どうせだったらスムーズに売れた方が良いですよね?

その為に大いに役立つのが、メルマガです。
メルマガを取り入れることで、ブログで取り逃がした読者さんを捕まえられます。
(物凄い嫌な言い方で申し訳ありません 笑)

更にメルマガを取り入れることで、自動で商品が売れる仕組みも作れます。
メルマガ戦略については、次の記事をご覧ください。

アダルトアフィリエイト メルマガ 稼げる

アダルトアフィリエイトのメルマガは稼げる?絶対に実践すべき理由!

なぜブログで取り逃がした読者さんを捕まえられるのか?
どうやって自動で商品が売れる仕組みを作るのか?
その詳しい説明やノウハウを全て公開しています。

情報商材を販売する上で、メルマガは必須とも言えるノウハウです。
まだメルマガに関する知識がない場合は、上記の記事を必ずチェックしてくださいね。

情報商材の作り方と売り方まとめ!

情報商材とは、人の悩みや欲求を解決してあげる商品です。
人の悩みや欲求を解決できる内容であれば、どんな情報商材を作って販売しても構いません。
売れる情報商材を作るには、次の2つを意識する必要があります。

  1. ライバルのいないジャンルを選ぶ!
  2. それなりの需要のあるジャンルを選ぶ!

ジャンルを狭く絞り込んだり、複数のノウハウを組み合わせることで、ほとんどライバルのいない情報商材や、今までになかった新しい情報商材を作れます。

あまりにもマニアックだったり、ニッチすぎるジャンルを選んでしまうと、需要がなくなってしまいます。
それなりの需要がなければ、情報商材を販売するのは難しいです。
ライバルはできるだけ少なく、尚且つ、それなりの需要のあるジャンルを狙うのがポイントです。

売り方としては、次の2種類のターゲット層を狙います。

  1. 見込顧客
  2. 潜在顧客

見込顧客とは、既に商品に興味を持っている人たちのことです。
成約率は高くなりますが、その分、ライバルが多い傾向があります。

潜在顧客とは、商品の必要性を理解すれば、購入してくれる可能性のある人たちのことです。
ライバルは少ないですが、成約させるまでのハードルは高くなります。
初心者の方は、まずは見込顧客を狙い、慣れてきたら潜在顧客をターゲットにするのがおすすめです。

最初のうちは、一つのブログに見込顧客と潜在顧客の、2種類をターゲットにした記事をそれぞれ書いても構いません。
まずはブログの記事を量産してアクセスを集める感覚を掴み、慣れてきたらメルマガを取り入れてくださいね。

メール講座を無料で公開中!

アダルトアフィリエイト超初心者が、最速最短で月収50万円以上を稼ぐ為のメール講座を無料公開中です。
登録者限定で、アフィリエイト教材もプレゼントしています。
プレゼントが欲しい場合は、画像をクリックしてください!

LINE友達も同時に募集中!

今だけ限定!LINEお友達を募集中です。
登録者限定でお得情報をいち早くお届けします。
お友達になってくれた方には、スマホでお小遣いを稼ぐ即金ノウハウをプレゼント!
画像をクリックするだけでお友達になれます。

アダルトアフィリエイトの独自教材!

わずか49記事で月収100万円超えを達成した、アダルトブログの独自教材です。
詳細を知りたい場合は画像をクリックしてください!

ブログランキングに参加中!

Kのブログはいま何位?
クリックで順位が見られます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アダルトアフィリエイトで
目指せ自動化収入!