情報商材ブログは2020年以降は稼げない?後発組でも稼げる理由!

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます!
アダルトアフィリエイトの専門家『K』です。

「情報商材ブログで稼げるのは先駆者だけで、今から実践する後発組は稼げない。」
情報商材アフィリエイト実践者から、このような言葉を聞いたことはないでしょうか?

はっきり言いますが、この言葉は大嘘です。
情報商材ブログは、2020年以降から始める後発組でも稼げます。
今回は、後発組が情報商材ブログで稼げる理由をまとめました。

情報商材ブログは後発組は稼げないのか?

「後発組は稼げない」という言葉は、情報商材アフィリエイトというジャンルに限らず、アフィリエイト業界全体に言われていることです。
ちなみに、僕がアフィリエイトに参入したのは2014年。

その時から既に、「後発組は稼げない」という都市伝説は囁かれていました。
一体誰が言い出したんだか…笑

2014年からアフィリエイトを始めた結果、僕は会社を設立するぐらい稼げるようになりました。
アフィリエイトで稼いでいるのは僕だけではありません。
同じ時期に始めたアフィリエイト仲間も稼いでいますし、僕よりもずっと遅い時期に始めた人も稼いでいます。

特に情報商材アフィリエイトというジャンルは、月収100万円クラスのアフィリエイターがゴロゴロいます。
僕は2018年から、アダルトジャンルの情報商材ブログを運営して、初月から月収93,216円を達成しました。

情報商材ブログ初月で月収93,216円を達成!稼ぎ方を公開します!

その後、4ヶ月という短い期間で月収100万円を達成。
今では自動化の仕組みを完成させて、毎月継続的に月収100万円以上をキープできています。

こういった話をすると、

読者さん
確かに2018年までは、情報商材ブログで稼げたかもしれません。
でも、2020年以降に始める後発組の人でも、同じように情報商材ブログで稼げるのでしょうか?

というような質問が来ます。

はっきり言います。
情報商材ブログが2020年以降、稼げなくなるなんてことはあり得ません。

情報商材ブログが2020年以降も稼げる理由!

情報商材ブログが、2020年以降の後発組でも稼げる理由は次の4つです。

Point
  1. 常に新しい情報商材が誕生している
  2. 需要がなくならない
  3. ライバルが今以上に増える可能性は低い
  4. 戦うフィールドをいくらでも変えられる

1.常に新しい情報商材が誕生している

読者さん
今から参入したところで、アフィリエイトできる情報商材なんて数が少ないと思うのですが…?

その点は安心してください。
情報商材は、常に新しい商品が誕生しています。

極端な例ですが、情報商材という商品がこの世にたった一つしかなかったとしましょう。
狭いパイを大勢で取り合うので、後から参入したアフィリエイターは不利です。
いざ蓋を開けてみたら、ライバルが大勢いて自分が入る隙がなかった…なんてことになりかねません。

しかし、情報商材とは常に新しい商品が生まれ続けています。
大手情報商材販売サイトの、インフォトップを見てください。

見てわかる通り、ほぼ毎日新しい情報商材がリリースされています。

1,000人のライバルが1つの商品を取り合う。
1,000人のライバルが1,000個の商品を取り合う。
この2つは全く意味が違います。

新しい情報商材が生まれ続けている以上、後発組でも十分参入する余地があるということです。

ジャンルにしても、「アフィリエイト」「ダイエット」「恋愛」「ギャンブル」など王道商材はもちろんのこと、「仮想通貨」など、今までになかったジャンルが次々と生まれ続けています。

更に、自分で情報商材を作って販売することもできます。
あなた自身が情報商材を作った場合、ライバルが一人もいない状態です。

はっきり言います。
情報商材というジャンル自体がこの世から消えてなくならない限り、情報商材ブログは後発組でも稼げます。

2.需要がなくならない

読者さん
情報商材自体に、需要がなくなったらどうするのですか?

今は情報商材がメジャーになり、情報商材の数もめちゃくちゃ多いです。
情報商材全盛期に比べると、売り上げは少し落ち着いたかもしれません。
しかし、情報商材の存在が廃れて、需要が無くなるなんてことはまずないです。

情報商材とは、インターネットやパソコン上で閲覧できる商品。
言い換えれば電子書籍のようなものであり、本屋で売られている書籍と変わりはありません。
時代が変わっても本が売れ続けるのと同じように、これから先も情報商材は売れ続けるでしょう。

今はパソコンやスマホでも、本が読まれる時代です。
パソコンやスマホを通じて、PDF形式のファイルや、Youtube動画で勉強ができます。
もはや廃れる廃れないの問題ではなく、「情報商材」という一つのジャンルを確立したと言っても過言ではありません。

読者さん
確かに需要は無くならないかもしれません。
でも、昔に比べて本が売れなくなったように、いずれは情報商材市場も縮小していくのではないでしょうか?

市場の縮小はあるかもしれませんが、それは情報商材に限ったことではなく、この世に存在するあらゆるビジネスに言えることです。

  • 一人一台スマホを持つのが当たり前になり、デジカメを持つ人は少なくなりました。
  • Amazonや楽天などのネットショップが普及し、小売店の売り上げは下がりました。
  • Youtube動画が主流になったことで、テレビを観る時間が減りました。
  • スマホが普及した今、「本」には「電子書籍」という新しい形が生まれました。
  • インターネットが普及した今、「ビデオレンタル」には「VOD」という新しい形が生まれました。

時代背景と共に市場が小さくなるビジネスもあれば、市場が大きくなるビジネスもあります。
これはどんなビジネスでも同じです。

その点、情報商材は時代の移り変わりに上手く適応できるジャンルだと思います。
情報商材が売り出された当時は、PDFファイルの商材が主流でした。
eラーニング教材が流行ってからは、動画形式の商材が多く売り出されています。

今ではマンツーマンのコンサルから、塾やコミュニティまで、情報商材として販売されている商品は多岐に渡ります。
時代の変化と共に人々が求めるものが変わるように、情報商材も時代の変化と共に様々な形に変化をしてきました。

最近の情報商材では、「note」が流行っています。
「note」とは、自分が書いた記事を有料で販売できる仕組みです。
厳密に言えば「note」は情報商材ではありませんが、デジタルデータの販売という点では、情報商材と何ら変わりはありません。

これは飽くまでも僕の考え方に過ぎませんが、noteがここまで爆発的に流行った理由は、その「クリーンさ」や「手軽さ」にあると思っています。

あなたは、「情報商材」と聞くとどんなイメージを持ちますか?

  • 詐欺商材が多い
  • 何となく胡散臭い
  • 質が低い割に高額

一般的には、あまり良いイメージは保たれないかもしれません。
これが「note」と呼ばれると、クリーンなイメージを持たれるようになります。

  • 質の良い商品が多い
  • 何となく爽やかに聞こえる
  • 質が高い割に低額

情報商材を情報商材と呼ばずに「note」と呼んだだけで、情報商材のイメージがガラッと変わります。
クリーンなイメージを持った情報商材だからこそ、お客さんは安心感を覚えて、財布の紐が緩くなるのです。

そして何より、作り手としてもnoteは手軽です。
「情報商材を自分で作る」と聞くと、何となくハードルが高いように感じませんか?
その点でnoteはブログに記事を書くのと同じ感覚で、商品を作れます。

実際は情報商材の作成も、Wordに文章を書いてPDFに変換するだけの超簡単作業なのですが(笑)、noteと聞くとそれ以上に手軽なイメージがあります。
手軽だからこそ、多くの人が手軽に自分の商品を、noteで販売するようになりました。
これがまさに、「時代の変化とともに商品の形式を変える」ということです。

買い手はクリーンな商品を手軽に手に入れたい。
売り手はクリーンな商品を手軽に販売したい。
時代の変化と共に世間のニーズが変わり、情報商材の新しい形態が誕生しました。

買い手は、どんな形態の情報商材を買うか?
売り手は、どんな形態の情報商材を売るか?
自由に選べるようになりました。

もう一度はっきり言います。
時代の変化と共に、情報商材は新しい形態が生まれ続けます。
情報商材という存在が廃れて需要が無くなることは、まずあり得ません。

3.ライバルが今以上に増える可能性は低い

読者さん
そうは言っても、昔に比べてライバルは増えていますよね?
そう考えると、後発組は稼ぎにくいと思います。

確かに情報商材ブログはライバルが多いです。
それは嘘偽りのない真実です。

しかし、情報商材ブログが特別ライバルが多いというわけではありません。
僕は今まで、ありとあらゆるジャンルのアフィリエイトに取り組んできました。

  • トレンドアフィリエイト
  • サイトアフィリエイト
  • アダルトアフィリエイト

漫画、サプリメント、VOD、ダイエット、健康etc・・・それこそ、数え切れない程のジャンルでアフィリエイトを実践してきました。

はっきり言いますが、どのジャンルにもそれなりにライバルがいます。
アダルト系はライバルが弱い上に少ないですが、それでもライバル皆無のジャンルなんて存在しません。
むしろあったら、僕が教えて欲しいぐらいです 笑

ただ、これだけは覚えておいてください。
「ライバルが多い」=「飽和している」ということではありません。

先ほども言ったように、情報商材は常に新しい商品やジャンルが生まれ続けています。
つまり、アフィリエイトできる情報商材が毎日増え続けているということです。
新しい商品が毎日生み出され続ける以上、どれだけライバルが増えようと飽和することはあり得ません。

例えば、「情報商材A」という商品には、多くのライバルがいるかもしれないです。
しかし、「情報商材B」という商品には、まだライバルが少ないかもしれません。
一言に情報商材と言っても、商品やジャンルが沢山あります。
それを一括りにして、「情報商材ブログはライバルが多い!」というのは少し強引です。

そもそもの話ですが、情報商材ブログのライバルが、これ以上極端に増えることはまずありません。
理由は単純明快。
ライバルは増えた分、減るからです。

例えば現在、情報商材アフィリエイトを実践しているライバルが100人いるとしましょう。
今月、情報商材アフィリエイト業界に、新しくライバルが10人参入してきました。

これでライバルが110人…とはなりません。
諦めて撤退していく人たちがいるからです。
新しく参入してくる人たちがいる分、必ず撤退していく人たちもいます。

新しいビジネスが誕生したばかりの頃は、参入者も急速に右肩上がりに増えていくものです。
しかし、ある一定の数まで達すると、参入者の数は緩やかになり、撤退していく人たちが出てきます。

これがビジネスの原理原則であり、今の情報商材アフィリエイト業界です。
ライバルは多いかもしれませんが、これ以上極端に増えることはありません。
情報商材アフィリエイトというジャンルが、飽和することはあり得ないです。

「情報商材アフィリエイトはライバルが多い!」
「情報商材アフィリエイトは飽和していて稼げない!」

そう言っている人のほとんどは、次のような人たちです。

  • 情報商材ブログで稼げなかった人
  • 情報商材ブログを諦めた人
  • 情報商材ブログに取り組んでいない人

後発組の2018年からスタートした僕自身、初月から93,216円を稼げました。
既に情報商材アフィリエイトが飽和していると言われていた2018年に参入し、現在進行形で稼ぎ続けています。

「ライバルが多い!飽和して稼げない!」
と言っているのは、一部の稼げない人たちのセリフです。

また、情報商材アフィリエイトは、通常のアフィリエイトと同様に、ライバルの少ない穴場のようなジャンルがあります。

例えば、僕が取り組んでいる「アダルト」ジャンルもそうです。
そのようなジャンルを上手く見つけられれば、後発組でも大きく稼ぐこともできます。

4.戦うフィールドをいくらでも変えられる

読者さん
確かに新しい情報商材は、続々と追加されているかもしれません。
ライバルの数も、これ以上は増えないかもしれないです。
しかし、現段階のライバルが多ければ、やはり稼ぎにくい気がします。

その点はご安心ください。
極端な例ですが、この世に情報商材が一つしか存在せず、その一つに対してライバルが1,000人いるとしましょう。

それでも、ある手法を使えば、情報商材ブログで稼ぐのは可能です。
これは情報商材アフィリエイトに限らず、全てのジャンルのアフィリエイトに共通しています。

その手法とは、「戦う市場を変える」ということです。
戦う市場を変えれば、どれだけ有名でライバルのいる情報商材でも、アフィリエイトすることは簡単です。

例えば、こんな状況を想像してみてください。
とある小学校の6年2組では、「ミニ四駆」というおもちゃが流行っています。
飽くまでも例え話なので、古いというツッコミは無しでお願いします!笑

6年2組の生徒の数は30人。
なんとその30人全員がミニ四駆を持っており、休み時間中にも遊んでいます。
しかし、ミニ四駆が流行ってから3ヶ月、子どもたちはミニ四駆に飽きてしまいました。

6年2組の子どもたちは、今度は新しいおもちゃである、ベイブレードにハマり始めています。
既にミニ四駆で遊んでいる子はいません。
さて、もしもあなたがベイブレードの販売者だった場合、この小学校でミニ四駆の販売はできるでしょうか?

それとも、「もうミニ四駆は飽和している!」と言って諦めますか?
もしも販売するとしたら、どうやって販売をするでしょうか?
少し考えてみてください。

 

・・・

 

 

・・・・・

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

どうでしょう?
戦略は思い付きましたか?

販売戦略は色々とありますが、「6年1組に販売する」というのが一つの方法です。

この小学校の6年2組に絞って考えれば、全ての子どもがミニ四駆を持っているので飽和しているかもしれません。
新しいミニ四駆を作れば食いついてくれる可能性はありますが、もう飽きていると考えると、以前のようにブームを起こすのも難しいでしょう。

しかし、それは飽くまでも6年2組の中だけの話です。
6年1組の子どもたちは、ミニ四駆を持っていないかもしれません。
もっと言えば、1年生〜5年生の子どもたちに販売することだってできます。

これが、「戦う市場を変える」ということです。
この話を情報商材アフィリエイトに当てはめて考えてみましょう。

アフィリエイトの超有名な情報商材に、「LUREA」という商品があります。
めちゃくちゃ有名な情報商材で、アフィリエイトしている人は多いです。
試しに、「LUREA 評判」で検索をしてみましょう。

ライバル数は332件です。
332人ものアフィリエイターが、「LUREA 評判」というキーワードでブログ記事を作成し、LUREAをアフィリエイトしています。
これでは、今から参入しても、ライバルうろぐに太刀打ちするのは難しいでしょう。

もちろん、30,000文字という膨大な文字数で、尚且つ凄まじく質の良い記事をアップすれば、上位表示できる可能性もあります。
しかし、情報商材アフィリエイト初心者が、いきなり文字数が多く質の良い記事を書くのは、ハードルが高いです。

どうすれば、LUREAをアフィリエイトできるのか?
ここで、戦う市場を変えてみましょう。

「LUREA 評判」と検索をしてくる人は、既にLUREAを知っている人たちです。

読者さん
LUREAが本当に良い商品なのか、評判を知りたい!

しかし、LUREAに興味を持っている人たちなんて、この世で考えればほんの一握りです。
アフィリエイト実践者ですら、日本全国で考えれば少ないのに、その中でLUREAに興味を持っている人なんて、更に少ないでしょう。

先ほどの例で言うところの、6年2組という狭い市場しか見ていない状態です。
それでは次に、ガラッと市場を変えて「会社員 お小遣い 増やす方法」で検索をしてみます。

今度はライバルが0件です。
この市場だったらライバルも0なので、十分に戦えるでしょう。

「会社員 お小遣い 増やす方法」で検索をしてきた人たちは、「今のお小遣いじゃ少なすぎるから、どうにかして今よりもお小遣いを増やしたい!」と思っている人たちです。

そんな人たちに対して、

「今の時代、サラリーマンはお小遣いが少なくて困りますよね。」

「私も昔はそうでした。自分で使えるお金なんて、ほとんどなかったです。」

「しかし、あることを始めてから、自分で使えるお小遣いが30万円ほど増えました。」

「それが副業です。特にアフィリエイトは、パソコンとネット環境さえあれば、自宅の隙間時間で取り組めます。」

このような流れで、LUREAをアフィリエイトすることも可能です。

「LUREA 評判」というライバルの多い市場ではなく、「会社員 お小遣い 増やす方法」というライバルの少ない市場で戦う。
これが、「戦う市場を変える」ということです。

ターゲット選定やキーワード選定を上手く使いこなせば、ライバル不在の状況を作り出すこともできます。

6年2組が飽和している状態であれば、6年1組を調査してみる。
6年1組も飽和していれば、1年〜5年生を調査してみる。
1年〜5年生も飽和してみれば、他の小学校も調査してみる。

このような流れで、戦う市場を変えてみてください。
ライバル皆無のジャンルは存在しません。
しかし、ライバル皆無の市場は存在します。

それがどんなに有名な情報商材で、どんなにライバルの数が多かったとしても、戦う市場を変えることで、いくらでも情報商材は販売できます。

情報商材ブログが仮に稼げなくなっても何も問題はない!

仮に情報商材ブログが稼げなくなったとしても、何も心配することはありません。
それまでに培ってきた、「経験」「知恵」「スキル」などは生き続けるからです。

昔、ある経営者の方がこんなことを言っていました。

仮に全財産を失ったとしても残り続けるものがある。
それが脳みそだ。
例え全財産を失ったとしても、スキルさえあればお金は稼げる。
だからこそ、色んな経験を積んで知恵やスキルを身につけるべきだ。

当時まだ若くて目先のお金を求めていた僕は、「知恵やスキルを身に付ける為に経験を積もう!」と、その人の言葉を聞いて決意しました。

情報商材ブログの運営は、次のようなスキルが身に付きます。

  • ブログ制作
  • キーワード選定
  • ライバルチェック
  • 記事作成
  • 行動力
  • 継続力
  • 市場調査
  • ターゲット選定

スキルさえあれば、他のジャンルのアフィリエイトでも稼げますし、もっと言えば他のどんなビジネスにも通用します。
アフィリエイトに取り組む多くの人は、「目先の利益」だけに走りがちです。

しかし、アフィリエイトを長期的な目線で見れば、「お金」という目先の利益だけでなく、「経験」「知恵」「スキル」など、あなた成長させてくれるあらゆる能力が得られます。

実際、僕は2018年に情報商材ブログに取り組む前は、「トレンドアフィリエイト」や「アダルトアフィリエイト」など、他のジャンルのアフィリエイトにも取り組んでいました。

そこでコツコツとスキルを身に付けたからこそ、情報商材アフィリエイトで大きく稼ぐことができたと思っています。
これまでに継続してきた作業は、何一つとして無駄になっていません。

大事なことなので、もう一度だけ言わせてください。
情報商材ブログの運営で得られるものは、「お金」だけではありません。
「知識」「知恵」「スキル」など、あなたを成長させてくれるあらゆる能力を得られます。

情報商材ブログが2020年以降も稼げる理由まとめ!

  1. 常に新しい情報商材が誕生している
  2. 需要がなくならない
  3. ライバルが今以上に増える可能性は低い
  4. 戦うフィールドをいくらでも変えられる

以上の理由から、情報商材ブログは2020年以降に始めても稼げます。

後発組の方で、参入しようか迷っている人もいるかもしれませんが、挑戦しなかったら100%稼げません。
どんなに稼ぎやすいノウハウだったとしても、挑戦しないしなければ稼げる可能性は0%です。

特にアダルトジャンルの情報商材ブログはライバルが少なく、圧倒的に稼ぎやすいです。
僕が初月から初月から93,216円を稼いだように、短期間で大きな金額を稼ぐこともできます。
興味がある場合は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

メール講座を無料で公開中!

アダルトアフィリエイト超初心者が、最速最短で月収50万円以上を稼ぐ為のメール講座を無料公開中です。
登録者限定で、アフィリエイト教材もプレゼントしています。
プレゼントが欲しい場合は、画像をクリックしてください!

LINE友達も同時に募集中!

今だけ限定!LINEお友達を募集中です。
登録者限定でお得情報をいち早くお届けします。
お友達になってくれた方には、スマホでお小遣いを稼ぐ即金ノウハウをプレゼント!
画像をクリックするだけでお友達になれます。

アダルトアフィリエイトの独自教材!

わずか49記事で月収100万円超えを達成した、アダルトブログの独自教材です。
詳細を知りたい場合は画像をクリックしてください!

ブログランキングに参加中!

Kのブログはいま何位?
クリックで順位が見られます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アダルトアフィリエイトで
目指せ自動化収入!